ブログ

家の知識④

2021/03/05

こんにちは♬

今回は、「建築基準法」の一部をご紹介します♬

以前、『容積率』のお話をさせていただきました。
容積率の数値は土地ごとに定められているとお話しましたが、正しくは『用途地域』といいます。
『用途地域』は市の都市計画により定められ、情報は市役所や市のホームページから入手できます。

そして容積率には、建築基準法では前面道路による制限も定められていて、その内の厳しい方が採用されます。
その制限とは『前面道路の幅(m)×0.4×100』(単位はパーセント)です。0.4は定数で、住居系の用途地域であればこの数値を掛けます。
例えば、道路の幅が4mの場合は4×0.4×100で160%となるので、都市計画図に容積率200%と書かれていたとすると、小さい数値のほうを採用するので容積率は160%となります。

お家を建てるにあたり、ルールがたくさんありますね(+_+)
少しでも、お家に関することに、ご興味・ご関心持って頂ければと思います♪

🌸高槻・茨木で、新築・建替え・リフォーム・不動産のことならSAKURA🌸
SAKURAは高槻市・茨木市を中心に、新築・建替え・不動産売買など
住まいのトータルサポーターとして、地元の皆様が安心してご相談できる会社を目指しています。
お家づくりのことなどお気軽にご相談ください(^^♪

新築実例集はこちら
住まいの見学会・イベント情報はこちら
モデルハウス見学ご予約はこちら

モデルハウス来場予約
お電話はこちら