ブログ

家の知識①

2021/02/12

こんにちは♬

今回は、「知っておきたい建築用語」をご紹介します♬
『建ぺい率』と『容積率』という言葉をご存知でしょうか?
この二つは、建物を建てる際、守らないといけいない『建築基準法』の一部です。

▼建ぺい率
その土地面積の何割まで建物用に使えるかを定めた数値。

▼容積率
その土地に建てることが出来る延床面積を定めた数値。

例えば、100㎡の土地で、建ぺい率60%、容積率100%と決められているとすると、その土地には、60㎡を使って延床面積100㎡の建物を建てられるということになります。
ですので、この土地には、1階・2階共に50㎡の家や、1階60㎡・2階40㎡の家が計画できるということになります。

この数値は、土地ごとに定められているので市役所に確認をしましょう!
お住まいの町によって、市のホームページからでも確認することが出来ます(*^^*)

🌸高槻・茨木で、新築・建替え・リフォーム・不動産のことならSAKURA🌸
SAKURAは高槻市・茨木市を中心に、新築・建替え・不動産売買など
住まいのトータルサポーターとして、地元の皆様が安心してご相談できる会社を目指しています。
お家づくりのことなどお気軽にご相談ください(^^♪

新築実例集はこちら
住まいの見学会・イベント情報はこちら
モデルハウス見学ご予約はこちら

モデルハウス来場予約
お電話はこちら